刺青除去は可能ですが。

現在、ファッション感覚で気軽に刺青を入れる人が増えてきています。
小さなものであれば1時間から2時間程度で手軽に入れる事が可能です。

ただ、刺青は入れるのは簡単でも、刺青除去は簡単ではないという事を覚えておく事が大切です。

現在、刺青除去の方法は、レーザーによるもの、皮膚を切り取るもの、皮膚を移植するもの等があります。


刺青を完全に消したいと考えたら、皮膚を切り取り縫い合わせる、もしくは刺青が入っていない部分の皮膚を移植していく方法が有効です。

ただ、刺青は消えても、切除や移植の傷跡は残る事になります。

それに対して、傷跡が残らないのが、レーザーによる除去法です。



レーザーを照射する事で、皮膚の中のインクを破壊していく方法です。
ただ、1回の施術で消える訳ではありません。何度も照射を繰り返す事で、徐々に薄くしていく事になり、目立たなくなるまで1年以上必要になる事も珍しくありません。

更に、このレーザーは全ての色に同じように反応する訳ではありません。
ですから、反応しやすい色は少ない回数で目立たなくなりますが、レーザーと相性の悪い色は時間がかかる事も珍しくありません。



更に、完全に消えるかといえば、刺青の入り具合によっても変わります。

綺麗に消える人もいれば、薄く残ってしまう事も少なくなくありません。

教えてgooの情報を多数ご用意したサイトです。

刺青というのは、入れるのはとても簡単ですが、刺青除去は簡単ではない上、傷跡や、その色が薄く残る可能性がある事を覚えておく事が大切です。